パートタイマーの、雇用の変化。

最近では会社で実際に業務をこなす人員は、パートタイマーであることがほとんどです。雇用の契約が、長時間勤務であれば、厚生年金や社会保険に加入することが出来、会社での責任や役割も重要になってきます。しかし、社員とは違いボーナスもあまり無く、時給である場合がほとんどです。また、短時間の勤務であれば、国民年金や、国民健康保険に加入します。

家庭を持つ主婦は、時間のやりくりに合わせて、働く量を決めなくてはなりません。あまり無理をしてしまうと負担が掛かるため、初めから沢山の時間は、働かない方が良いかも知れません。また、子育てをしている場合には、預ける施設の都合によって、時間帯を決めなくてはなりません。家族が、面倒をみてくれる場合は良いですが、そうでない時には、仕事と家庭の両立を上手くはかることが大切です。

パートタイマーから社員となることは、不可能ではありませんが、大変な努力が必要です。有能な人であっても、上司次第では、中々、良いポジションに就けない場合もあります。しかし、チャンスはありますから、色々と働きかけることで、進路を開くことが出来ます。立場や性別によって、様々な人が働くポジションですが、会社にとっては無くてはならない人材です。